top of page

1-110解剖

顔面表情筋について誤りはどれか。

  1. 顔面神経の枝は、筋の後方部の裏側から筋内に入っている。

  2. 筋線維は、真皮を貫いて表皮基底層のすぐ深層に停止している。

  3. 大部分の筋の起始は、顔面骨である。

  4. 笑筋は口角部の皮膚に停止している。e.

  5. 広頚筋は、顔面神経の頚枝により支配されており、下顎縁枝によって部分的にでも支配されることはない。

 

閲覧数:1回0件のコメント

関連記事

すべて表示

1-130解剖

上眼窩裂を通過する神経はどれか。2つ選べ。 視神経 動眼神経 眼窩下神経 頬骨神経 滑車神経

1-129解剖

上眼窩裂を通らないのはどれか。 眼動脈 上眼静脈 動眼神経 滑車神経 外転神経

1-128解剖

眼窩について誤りはどれか。 前涙嚢稜は涙骨に存在する。 口蓋骨は眼窩を構成する骨の1つである。 眼窩径の最大のところは眼窩縁より約1.5㎝後方にある。 視神経孔は蝶形骨小翼に開口する。 視神経孔は眼窩尖より内上方にある。

Kommentare


bottom of page