top of page

1-123解剖

眼瞼挙筋について誤りはどれか。

  1. 蝶形骨小翼より起こる。

  2. 横走靭帯(Whitnall's   ligament)の下を通る。

  3. Müller(ミュラー)筋は眼瞼挙筋の浅層に存在する。

  4. 外側では涙腺を2葉に分けている。

  5. 挙筋腱膜は瞼板前面下1/3に停止している。

閲覧数:1回0件のコメント

関連記事

すべて表示

1-130解剖

上眼窩裂を通過する神経はどれか。2つ選べ。 視神経 動眼神経 眼窩下神経 頬骨神経 滑車神経

1-129解剖

上眼窩裂を通らないのはどれか。 眼動脈 上眼静脈 動眼神経 滑車神経 外転神経

1-128解剖

眼窩について誤りはどれか。 前涙嚢稜は涙骨に存在する。 口蓋骨は眼窩を構成する骨の1つである。 眼窩径の最大のところは眼窩縁より約1.5㎝後方にある。 視神経孔は蝶形骨小翼に開口する。 視神経孔は眼窩尖より内上方にある。

bottom of page